スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質の測定方法(詳細)

d2.png

fc1.png

豆苗 22.jpg
 採取した試料の可食部をフードプロセッサーにより均一に細断します。
 この操作は、測定容器の中で空隙が生じないように均等に封入し、正確な測定を行うために必要となります。
(写真はクリックで拡大します)

fc1.png

44.jpg66.jpg
 細断した試料を測定容器に空隙を作らないように入れます。重量を測り、測定試料重量を求めます。
 測定容器はポリエチレン袋に封入し、測定器への汚染を防止しております。
(写真はクリックで拡大します)


fc1.png

77.jpg55.jpg88.jpg
 測定試料を検出器エンドキャップに載せ、測定を開始します。測定データの処理・ベクレル値は、ガンマデータ社開発のソフトウェアWinDASにより自動計算され、パソコンに出力されます。
 なお、定量下限は4Bq/kg、測定誤差は約20%です。
(写真はクリックで拡大します)

→続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。